好況もこういう好況がない

風俗店でコロナ19集団感染が行われた事例はかなり多い方だ。「3ミル」環境構造であるルームサロンなどの風俗店はいくら防疫を徹底しても、感染者が一人だけ同席すればすぐに集団感染が起こる確率が大きい。こうして、風俗店の集約禁止命令が下され、警察の取り締まりが集中しているわけがここにあるのに対し、不法売春店で集団感染が起きた事例はほとんどない。昨年8月、釜山のあるオフィステルで集団感染が繰り広げながら、いわゆる‘オフィシャル’と呼ばれる売れ行きの疑いを買ったが、株式勉強などのための集いであることが明らかになった。だからといって、ユンラク店がコロナ19集団感染から安全ではない。

コロナ19ファンデミック(Pandemic大流行)で風俗業界は直撃弾を受けた。セット禁止命令で営業中断状況が繰り返されており、警察の強力な取り締まりでこっそり営業も容易ではない。ビジネスマンは、彼らが開いたり閉じたりすることなく、ビジネスマンがドアを開けたり閉じたりするのを妨げる致命的な状況に置くことができます。

一方、違法なエンターテインメント業者は好況を呈していると伝えられている。스웨디시 エンターテインメント業者とは異なり、エンターテインメント業者は基本的に違法です。政府の集合禁止命令かどうかにかかわらず、いたように不法営業を続けている

ユンラク業界の最大の競争相手は、密かに「2次」を走る遊興業界だ。不法売春の2次行われる風俗店は、事実上、ユンラク店と差がない。不法売春や類似性行為が主流であるユンラク業界は風俗店が集合禁止命令で、通常の営業が不可能になった状況がむしろ絶好のチャンスになった。風俗店で働いていた女性たちが大挙、売春業界で「転職」する事例も急増した。最近、風俗業界の従事者を対象としたオンラインカフェでは「転職」が主なキーワードであるほどだ。風俗業界で働いていた女性の流入にユンラク業界は、より活力のあるゲスト迎えるに拍車をかけている。

不法マッサージルームを運営し取り締まりでドアを閉めた後、現在は休んでいる限り、ユンラク業界関係者は「コロナ19状況以前に取り締まりでドアを閉めた後、コロナ19が本格化し休み始めたが、今は後悔している」として「周りを知っている店を見れば好況もこういう好況がない。遠慮なく広報しにくい雰囲気だが、あらかじめ常連顧客を確保していた店は最近、金をすごく稼いでいる」と話した。

彼も風俗業界接待女性が大挙売春女性になってゲストが多くなっていると説明した。彼は「ルームサロンで主代を支払って、より高価な2次費用まで別に支払わなければ可能だったことが今はここ(売落業者)でも可能だ」とし「事業主の立場からもっと歓迎するのはルームサロンなどで働いていたこれらの中で、バージ社長をすべき人も多く越えてくるという点だ。ユンラク店は大部分が実際事業主は背後に隠れてパンツ社長を掲げるのに信じて任せる人がいないのが問題だったので、最近そのような悩みも多く減ったという」と話した。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다